往復書簡

井上ウィマラ・内藤いづみ往復書簡Vol.5(往)

井上ウィマラさまとの往復書簡、5往復目です。前回の内藤いづみ先生からのお願いに、井上ウィマラ様が答えてくださいました。


魂の狭間で
 内藤先生からの紹介で、昨年の晩夏から今年の初めまでの半年間ほど、月一回くらいのペースで関わらせていただいたご夫妻とのスピリチュアルケアについてのご質問ですね。このケースは、私にとっても、いくつもの意味で思い出深いものになりました。
 初回の面接では、ご夫妻のお話を伺ってから、二人でお互いのお腹に手を当てて呼吸を感じてもらうエクササイズをやってみてもらいました。最初に1時間ほどお話を伺っているときには看取る側の旦那さんが中心となって話されたように記憶しています。そろそろ終わろうかと思った頃に、患者さんであった奥さんが話を始められました。そうした会話のダイナミクスからも、言葉を超えて命を感じるような触れ合いを体験していただきたいと思ったのです。
 2回目の面接では、奥さんの生まれ育った家族との関係を中心にお話を伺いました。4センチほどの丸と四角に切り抜いた紙のコマの上に、女性の名前は丸いコマに、男性の名前は四角いコマに書いて、幼少期から成人してゆくまでの間で思い出の深かった場面を中心として、その時の家族関係が浮かび上がってくるように、思い出話をしながらテーブルの上に紙のコマを配置してゆきます。そうして出来上がった配置を眺めて、その時の本当の自分の気持ちの中では、もっとこういう配置の方が楽だっただろう、幸せを感じただろうというふうに、コマを動かしてみてもらいます。これは、私が作った「コンステレーション方式」という手法です。
コンステレーションとは、星座や配置を意味します。ユングは自由連想の研究に基づいて『家族的布置(ファミリー・コンステレーション)』という論文を書いています。ユングは、この論文の中で、親の無意識的な感情や行動の習慣が子どもに一番深い影響を与えると述べています。親や教師が口で何を言っても、子どもや生徒には伝わりません。子どもや生徒に伝わってしまうのは、親や教師が無意識的に繰り返している感じ方や言動のパターンなのだということです。その布置の思想が家族療法に受け継がれ、バート・ヘリンガーによってシステム論的家族布置という心理療法の革新的なスタイルが作られました。私の方式は、ユングやヘリンガーの教えてくれたことを、自分ひとりでもできるように工夫したものです。
3回目の面接は、西日の差す寝室で行いました。彼女は、いろいろな不安を語り、旦那さんへの思いを語りました。この頃、旦那さんの妹さんにも末期がんのあることがわかり、奥さんは旦那さんの気持ちを察して、幾重にも心配している様子でした。私は、奥さん自身が告知を受けたときの気持ちを思い出してもらい、義理の妹さんが告知を受けたときの気持ちを想像してもらいました。するとそこには2つの葛藤する気持ちが語られて出てきましたので、差し込む夕日の中で、両手で指を組んで2匹の狐を作ってもらい、壁に映る2匹の狐の影絵でもって、葛藤する2つの気持ちを演じてみてもらいました。2匹の狐は、いろいろに遣り合いながら、最後には抱き合ってひとつになりました。その後、仕事から帰ってきた旦那さんに加わってもらい、ベッドの上で旦那さんのおひざで無言で3分間の膝枕をしてもらいました。「3分間て、こんなにも長いものなのですねぇ」という奥さんの言葉が印象的でした。
脳梗塞で奥さんが言葉を失っていったのはその後でのことだったかと思います。入院した病院の緩和ケア病棟にお見舞いにゆきました。病室に泊り込んで寄り添っている旦那さんのお姿に感心しながらも、「時々距離をとって休まれることも大切ですよ」とお話したように思います。
自宅に戻られてからの面接では、言葉で会話することがほとんどできませんでしたので、私は仏教瞑想で使う慈しみの祈りと懺悔の祈りを紙に書いて、歌うようにして唱えて聞いてもらいました。いつもはこうした宗教的な雰囲気を伴うことはしないのですが、そのときにはなぜかやってみようという思いが働いたのです。たぶん、奥さんと旦那さんの二人の魂の間で、慈しみと懺悔ということが最後のテーマになるだろうという気がしたのではないかと思います。後から、内藤先生が旦那さんと一緒にその祈りを読んでくださったことを聞いて、よかったなあと思っています。旦那さんにとっても、奥さんが言葉を失ってしまったことは大きなショックのようでした。私は、その無念さを受けとめながら、「もしかしたら、神さまが言葉以外の方法で触れ合いなさいというメッセージかもしれませんよ」とお話しました。
最後の面接では、旦那さんが水飲みで奥さんに水を飲ませている場面で、上手く飲めずに零れてしまっていましたので、脱脂綿に水を含ませて、吸ってもらうようにしてみました。奥さんは一生懸命に水を吸って、その間、差し出している私の腕の上腕の肉をつかむようなしぐさをしました。無意識的なその動きに、私はなんとなくおっぱいを吸っている赤ちゃんの動きを連想しました。別れ際、旦那さんと二人になったとき、私は唇の感覚の大切さを説明しながら、時々脱脂綿で唇を濡らしてあげみるように伝えました。そして、最後の看取りの場面での息合わせの仕方についても説明しました。死にゆくときの意識のあり方についても、チベットの死者の書や仏教のアビダンマ心理学に基づいた説明を簡単に話したように思います。それから1週間ほどして、奥さんは旦那さんに看取られて亡くなられたのでした。
以上が、私とご夫妻との交流のあらましです。
<<関連記事>>


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,井上ウィマラさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
cal
twitter