往復書簡

初心者のためのワインQ&A(往)

東京に出ると、ワインをたくさん揃えているレストランが多くなった。しかし、どう選んでいいのか分らない。悔しいけれど、ソムリエ任せである。「山梨県出身」と言い出しづらいくらいワインの知識がない。ワイン研究家と言っていいほどのうんちくのある友人も多く、話を聞くとたくさん教えてくれるが、難しそうでかえってワインの深く広い世界に近寄り難くしている。折角ワイナリーのある県に住んでいてもったいないゾ!と最近思いだした。


ウイスキーに関心のなかった私が、スコットランドに住んでいる間、ウイスキーのディスティラリー(Distillery)蒸留所を訪れて、地元のモルトウイスキーを一口飲んだ時、水割りしか知らなかった喉の扉が開いたように感じたものだ。それ以後、生意気に「モルトは美味しい!」などと言っている。
何事にも、良き教師が必要で、そして求めれば与えられる!(酒の神バッカスに感謝)。私の親戚の、兄のような人(Aki)が、ワインの専門家だったのだ。忙しいところを無理に頼み、このQ&Aを始めることにした。
皆様の慌ただしい暮らしが、ワインの一滴で豊な彩りを添え、明日への活力となりますように。
~Aki兄さんへ~
ワイン生産量が多く、ワイン王国を誇る山梨県です。私が覚えている幼い頃の思い出のひとつは、田舎の家々では、軒下にすずやかなブドウ棚を作り、収穫の後は、自家用のブドウ酒を作っていた風景です。桶の中でブクブク出た泡を子供たちは覗き込み、発酵の香りをクンクンと嗅ぎました。たぶん、出来上がったブドウ酒を一口くらいは味見させてもらったかもしれません。ブドウ酒は身近にありました。
日本の経済発展に伴う農業の変化、田舎の変化、そして色々な種類のアルコールの登場もあって、ブドウ酒の存在は薄くなったのでしょうか?少なくとも、地酒としての代表選手ではなくなった時代が長く続いています。日本人の生活が贅沢になり、そして外国でのワインをめぐる食の豊かさの憧れもあって、逆輸入のような形で、ワインの第一のブームが起きたように私は感じていますが、Akiさんのご意見はいかがですか?
最近では、ワイン作りに情熱を傾ける、山梨県の地元の醸造家も目立ってきて楽しみです。しかし、ブームを本物にするためには、地酒としてのワインを愛する地元の人たちの力を大きくすることではないかと思っています。乾杯に、まずビール、まず焼酎ではなく、まずワイン!と心から選ぶ人が増えてほしいのです。北海道の池田町はワインで有名になりましたが、町民には、「ワイン町民割引」という制度があり、そこに住む親戚のおじさんが「美味しいんだよ。」と私が訪れた時に、嬉しそうに勧めてくれた顔を忘れられないのです。山梨県も地元の自慢として、そんな風にならないだろうか・・・と羨ましく思えました。
ワインの世界は広いですね。ひとりでも多くのワイン好きが増えるために、ぜひこの『初心者のためのワインQ&A』を楽しくよろしくお願いします。
Q.私も時々「美味しい」と思えるワインを口にします。美味しさの基準は人によってどう違うのでしょうか?
Q.値段がまちまちで驚きます。なぜこんなに違うのですか?安いワインでも大丈夫ですか?
Q.2000円以内で、どこでも入手できて、ワイン通でなくても「美味しい」と思えるワイン、仲間との「かんぱーい!」に使えるワインを赤・白3本ずつ教えて下さい。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,Aki兄さん

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
(※)
29日:10:30まで
3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カレンダー補足
twitter