往復書簡

井上ウィマラ・内藤いづみ往復書簡Vol.4(往)

井上ウィマラさまとの往復書簡、4往復目となりました。


後悔を見守る心
 新聞記事を読ませていただきました。胸が痛くなるような、やるせない出来事ですね。E.キューブラー・ロスは『死ぬ瞬間』の中で、告知に関して「問題は告げるべきか否かではなく、どのように告げるべきかである」と語っています。しかし、その彼女も余命については、「あと何ヵ月とか何年とか具体的な数字を出すのは最悪の対応で、どんなに精神的に強い患者に対しても行うべきではない」と考えています。「気配りがきき分別のある医師なら、数字を示すのではなく、時間と体力があるうちに身のまわりの整理をしておいたほうがよいと患者に勧めるだろう。そうすれば患者は言外の意味を理解し、なおかつ希望を持ち続けることができる。自分はいつでも死ぬ覚悟ができていると公言する者も含めて、患者なら誰でも希望を捨てない」と言っています。
 キューブラー・ロスは多くの末期患者に直接インタビューする中で、死の受容に至るすべての段階を通して希望が存在していることを述べています。自らの死を受容したとしても、その希望は、残された命を生ききる力となるのではないかと思います。
 さて、新聞記事のケースでは、医師は「余命を言えば、心を閉ざして治療を拒んだだろう。これでよかったんです」と言ったとあります。これは、この医師にとっての心情です。彼にとっても辛い体験で、自分自身を納得させ、自分を守ろうとしているかのような印象を受けます。「余命を言えば、心を閉ざして治療を拒むのではないかと思ったのです。でも、これでよかったのでしょうか? ご家族のみなさまのお気持ちはどうですか?」という問いかけができたときに、医師にとっても、家族にとっても新たな一歩が踏み出せるのではないかと思います。
 このような場面では、自分自身の死への不安に向かい合った程度にしか他者の死に向かい合うことはできません。キューブラー・ロスは、「自分自身が死を否認したいと考えている医師は、患者も死を否認したがっていると思い込んでおり、話し合いをためらわない医師は、患者もこの問題を直視し認めようとしていると考える」と述べています。医療スタッフも家族たちも、自らの死への不安に向かい合いながらしか、患者の死に寄り添うことはできないのです。
 葬儀の間泣きじゃくった長男は、その分、きっと悲しみはお母さんへの思いやりへとかわっていったのではないかと思います。この家族にとって、この心の傷を癒すためには、それぞれが心に抱えている思いを素直に言葉にして話し合い、聴き合う機会を持つことだと思います。後悔や罪悪感が言葉にされ、抱きとめられたあとには、必ず楽しかった思い出や共に過ごした喜びを思い出すスペースが開けてきます。
 スピリチュアリティとは、そうした心の痛みを伴う後悔や罪悪感が自然に表出され、受容され、許され、新しい思いやりや生きる喜びや希望が生まれるプロセスを見守る働きなのではないかと思います。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,井上ウィマラさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
cal
twitter