往復書簡

初心者のためのワインQ&A(Vol.3 往)

~AKI兄さんへ~
北海道の初夏は美しいことでしょう。黄金週間はいかがお過ごしですか?
年度末はお互いに忙しかったですね。我が家も長女を大学に送り出しました。ほっとしたり、さびしかったりで、親の気持ちも複雑です。子離れの痛みを味わうのも親の修行のひとつですね。お互いの成長のひとときとして時の流れをながめているところです。


080509_004.jpg先週はクリニックのスタッフ全員で甲府市北口にあるサドヤ醸造場でのランチを楽しみました。
運転の関係でせっかくのワインを楽しめたのは2名でした。もちろん私は味見しました。
山梨県穂坂地区のブドウから作られたワインは口あたりのよいすっきりした味でした。
おいしいフランス料理をたんのうした後は特別コースで700坪に及ぶ地下の貯蔵庫、展示室などをガイドツアーしました。地下はうす暗くひんやりとしていました。サドヤは創業1917年ですからワイン作りには古い歴史を持ち、かつて使っていた地下貯蔵タンクなどはとても興味深かったです。
説明からもよくわかったのですが、ワインは作られてからも少しずつ熟成するお酒だということ。
コルク栓をうってからもそうですね。だからこそ保存環境が大切なのだと納得しました。080509_003.jpg
サドヤ醸造場
TEL 055-253-4114 地下セラー見学は要予約
フランス料理は併設レストラン「パピヨン・ド・サドヤ」
実は黄金週間を私は自分の健康管理のためにつかっています。
指導者のもとでマクロビオティック理論による半断食セミナーをいわき市の山奥で受けています。
色々と学ぶ体験学習です。
五感がきたえられてきます。
縄文人が住んでいたというこの地域は緑の林の中にあり、せせらぎの流れがいつもきこえ、鳥が鳴き、風がふきわたっています。
太陽の光をうけて軽い山登りや体操を朝6時からしているんですよ。
正直言ってなまった体には山道の運動がとてもきついです。
マクロバイオティックは陰陽の考えのもと、未精製の穀物中心に日本の伝統にそった食材で、動物性のものをひかえるメニューですが、今回は半断食という特別な超小食(一日夕飯のみ、玄米食《茶碗一杯で一口200回かむ》とスープ、漬物少々、梅一ヶ)超小飲です。
出されるお野菜はもちろん有機農法、無農薬です。やせる目的ではなく、デトックス(排毒)ができたらいいなあと思い参加しています。
このマクロバイオティックという言葉の中にバイオというものが入っていますが、ワインの中にもビオワインがあり、こだわって作っている方々がいるときいています。
先日、山梨の金井醸造場のワインを飲んでみました。お兄さんやワイン通の人々が“ブーケ”などと言っても「本当?」と半信半疑だったのですが、このワインを一口飲んだときに“グレープフルーツ”のような柑橘系の香りを味わいました。初めて“ブーケ”がわかりうれしくなりました。なるほど、と。
金井さんもビオワインにこだわってがんばっているようですね。
今回はぶどうの作り方も含め、このビオワインについてカンタンに教えて下さいますか?


今回私が試したビオワイン
●甲州万力獅子岩(白ワイン) /金井醸造場
●ドメーヌ・カズ・カノンデュ・マレシセル2006年(赤・1650円) /生協のおすすめビオディミワイン


「何であれ、おいしくなくちゃ!」とワイン好きの友人の誰かがいいました。
080510_001.jpg
そうそう、ニューズウィーク誌の記事の切抜きをお送りしました。アメリカでのおもしろい実験の結果発表でした。
「『高いワインはおいしい』と思い込んでいる通にはショック」
という見出しでした。
ワインのラベルをかくして味見をさせると安いワインの方がおいしいと思う人が多いのに、値段を見せるとどの人も高いワインほどおいしいと感じてしまうという結果なのでした。
舌も見た目や値段に左右される?人間って不思議です。
素直に正しくワインを味わえる舌をこれからも鍛えていきたいと思います。
~5月の風の中から~
内藤いづみ


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,Aki兄さん

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カレンダー補足
twitter