メディア出演情報

命を学ぶホスピス学校

111220_09.jpg2011年12月6日 朝日新聞より
 末期がん患者らのホスピスケアに取り組む甲府市の在宅ホスピス医、内藤いづみさん(55)が、命について多角的に学ぶ「ホスピス学校」を7日に開校
する。年2回程度、講師を招き、ホスピスについて理解を深めてもらう。


 内藤さんは旧六郷町(現市川三郷町)出身。福島県立医大卒業後、勤務医を経験した。さらに英国でホスピスを学び、1995年、甲府市に緩和ケア診療所「ふじ内科クリニック」を開いた。
 内藤さんは、命について学ぶことは自分や相手、自然への感謝の気持ちにもつながっていくといい、ホスピスケアは「患者が持っている宝物に気付くためのお手伝い」という。
 東日本大震災の後、死を身近に感じたことで改めて命の価値を自覚する人々が増えていると、内藤さんはみている。日本では死に関する教育が不足していると指摘し、「死は怖いことではなく、今を輝いて生きることを考えることだ」と話す。
 新たに始めるホスピス学校には、全国各地で活躍する、親交が深い医師や心理学者、映画監督、環境活動家らを講師として招く予定だ。将来的には常設
し、分校や支部をつくることも考えているという。
 初回となる7日は北杜市で、悩みを抱えた人のための安らぎの場「森のイスキア」 (青森県弘前市)を主宰する佐藤初女さんが講師を務める。講演会に加え、秘伝のおむすびの作り方を教わるワークショップもある。
 初回は予約で満席。ホスピス学校の日程はホームページで確認できる。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (メディア出演情報

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カレンダー補足
twitter