メディア出演情報

食と命の大切さ 講演、対談で学ぶ

北杜でホスピス学校 山梨日日新聞2011年12月8日より


ホスピスケアヘの理解を深めてもらおうと、甲府市の在宅ホスピス医内藤いづみさんが7日、北杜市高根町清里で「ホスピス学校」を開講、約150人が食と命の大切さを学んだ。
 同学校は年に2回程度、県内各地で開催する計画で、医療にとどまらない幅広い分野から講師を招き、命との向き合い方などを学んでいく。
111220_05.jpg
 初回の7日は、宿泊施設「森のイスキア」(青森県)を主宰する佐藤初女さんを講師に招き、講演や内藤さんとの対談が行われた=写真。
 悩みを抱えた人々の話を聞き、手料理をふるまうことで多くの人の心を救ってきた佐藤さんは「食材が体に入り命に変わる。便利さだけを追求するのではなく、食材をいとおしんで調理することが大切」などと呼び掛けた。
 参加した同市大泉町の坂原きょう子さん(50)は「食べ物にも周りの人にも自分にも、何物にも替え難い命があることを思い出させてもらった」
と感想を話していた。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (メディア出演情報

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
cal
twitter