エッセイ

富士川町落語会

6月29日、増穂文化ホールにて


文化ホール満員御礼。町民の皆様の熱気もすごい。
町の記念行事で落語会を重ねているという。

柳家三三さんは、一度生でお話を聞いてから私はファンになった。

土曜日に外来を終えてから、チャンティーさんと一緒に駆けつけた。

若手の育成もあり、山梨ゆかりの新人達も頑張って一席語っていた。

仕事ばかりだとつまらない人間になる、遊べ、特に子供時代に、ということわざがイギリスにはある。
私は大いに笑わせてもらった。賢くなったかしら(笑)

鰍沢という演目がある。江戸から明治。日蓮宗大本山、身延山は参詣客で賑わっていたという。
小室山妙法寺への参詣、急流の富士川くだりなど参詣ルートもあった。
話は明るくない。
どちらかというと、浄瑠璃的な?物語り。お題目という単語を知らないと、落ちがストンとこない。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダー補足
twitter