エッセイ

蝸牛かたつむり

絵本や童話を時々探します。
お気に入りの作家は新美南吉か浜田広介

かたつむり

彼らの描く、人間の哀しみと素朴な喜びの煌めきが、いのちに影と深さと輝きの厚みを与えているように感じます。
新美南吉の「かたつむりの悲しみ」を読みました。
学生たちとシェアしました。
梅雨の空。最近は近所でかたつむりを見かけません。
みなさんのお近くではいかがですか?


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダー補足
twitter