往復書簡

井上ウィマラ・内藤いづみ往復書簡Vol.3(往)


悲しむ力と育む力  その5
トラウマが癒えるとき
 里さんの「わたし舟」の詩、素敵ですね。仏教でも悟ることを彼岸に渡ると表現します。
 昔の中国禅宗のお坊様には、聖クリストファーのように河の渡し守をした人の話が伝えられています。
ブッダは、筏につかまって川を泳いで渡るときには「あわてず弛まず流れを読んで渡る」ことの大切さを説いています。
 私が渡し船になるという洒落もいいですね。スピリチュアルなケアはそれと気がつかれないほうがよいことも多いのですが、「名も告げず」というところはそれをうまく言い得ています。
悟りは、最終的に私という船に対する執着も手放して行くのですから。
 医師の教育に関する内藤先生のご意見にはわたしも同感です。先日ある病院で診てもらう機会がありました。
30代後半か40代くらいの男性の医師でしたが、その一方的な態度に驚きました。お前は黙って俺の言うことを聞けというのがひしひしと伝わってくるのですね。以前70代のお爺さん先生にそんな人がいて、年代の問題かなと思ったのですが、そうでもないようです。
 また、父親の付き添いで病院にいったときには、パソコンの画面ばかり見て目の前の患者を診ない様子にびっくりしたこともありました。病理をテクニカルに叩くことだけに興味を持ってしまって、目の前で痛みを抱えている生身の人間を見ようとしない傾向性があるのでしょうか・・。
 知り合いの先生にそのことを尋ねたところ、大学の医局の師匠がそういうタイプの人だと生徒たちも自然にそういう態度を身につけてしまうものだと話してくれました。
医学部の1年生の医学原論なんかの中で医療における対人関係能力の重要性を説いて、具体的なトレーニングも早い段階で導入してほしいものだと思います。
限られた時間の中でも患者さんに「先生に分かってもらえた、聞いてもらえた、良かった」と思ってもらえるような対人関係能力、傾聴力、共感力などを身につけてもらいたいものです。
トラウマの癒し方
さて、トラウマの癒し方なのでが、大まかに見て次の3つのプロセスがあります。
1.トラウマとなった出来事を思い出し、再体験する。
(Re-experience:再体験)
2.冷凍保存して押し込めていた感情を溶かして放出する。
(Re-lease:解放)
3.その出来事を自分自身の過去の一部として受けとめる。
(Re-integrate:再統合)

 基本的には、その人が自らの体験を思い出して語るための環境を提供し、本人が語りながら湧きあがってくる感情のエネルギーを共感的に受容して見守り、それが何であったのかを言葉で確認できるように「~だったんだね」などと映し返しをすることで過去の物語として人生に再統合するお手伝いをすることが必要となります。
 性的虐待であまりの辛さに解離を起こして性格をいくつにも分裂させなければ生き延びてこられなかったようなときには、思い出すこと自体が辛すぎて第2次災害を引き起こしてしまうことがあるので特別な注意が必要です。
最近では眼球運動を使ったEMDR(目を左右に動かしている間に思い出してエネルギーの固着を溶かして再統合を促進する方法)やインナーチャイルド法(イメージの中で小さな子どもを癒してゆく方法)のような新しい方便が開発されてきています。
 さて、在宅ホスピスなどの終末期に過去のトラウマが出てくる場合には、医療や介護のスタッフとのトラブル、あるいは家族とのトラブルが生じたときにその可能性を考えてみる必要があるでしょう。
そのトラブルの中で患者さんは何を思い出しているのか、スタッフや家族という役者を相手に過去の何を満たそうとしているのか、何をやり直そうとしているのか、そういった視点を持つとよいと思います。
 人は言葉によって思い出すことのできないことを、繰り返し何かの行動によって表現してくるものです。患者さんがトラブルを起こして来るのは、口では言えない何か、本人にもよくわからない何かを表現したいがためにやむをえずに行動化しているのです。
そんなとき、私たちは自分が責められているという思いを手放さなければなりません。そうすると、なんとなくその人の魂が表現したがっているテーマが感じ取れるものです。
 子どもや若い人のトラウマを癒す場合には、トラウマを体験したときに本当はそのときに欲しかった愛情や思いやりは何であったのかを想像し、それをわたしたちの中に豊かに持ちながら、 今ここでその本人に接してゆくことが大切です。
 トラウマを癒すためには必ずしも過去を思い出す必要はありません。今ここで行動として表現されていることを読みとって、必要としている魂の滋養分を提供し続けてゆけば自然に癒されてゆくところが少なくありません。
 子どもから若者、認知症の老人に至るまで、あらゆるトラウマケアの基本を身につけようと思う人にお勧めの私のトレーニング法があります。
癇癪を起こした2歳から5歳くらいまでの子どものご機嫌が治るまで徹底的に寄り添ってみることです。あんなに怒っていたのに、突然遊び出したり、笑顔になったり、「えっ」と思うような瞬間があります。
そうした瞬間を数多く体験するうちに自然にトラウマケアの基本が身につきます。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,井上ウィマラさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
cal
twitter