往復書簡

がんの痛みを和らげる(往復書簡)Vol.1(往)

薬剤師の石田さんと「がんの痛み」について往復書簡を始めることになりました。


内藤いづみから石田さんへ
神戸は梁さんという人物と友人になったおかげで、私にとって大切で大好きな街になりました。山梨県の甲府市で、イギリス帰りの勢いをかって“ホスピスの啓蒙活動”を始めた私に梁さんが
「市民と医療者が共に啓蒙活動をする全国組織を立ち上げるから参加してほしい。」
という声を掛けて下さったのが15年以上前。今やっと、患者の声ががん対策基本法などの法案にも盛り込まれるようになりましたが、当時としては画期的なことでした。
その神戸に住む石田さんも、私が勝手に“師匠”と追いかけている、元埼玉県立がんセンター総長の武田文和医師の弟子ですよね?
その御縁で知り合ったのは、何年前でしたか?
武田先生は20年前に、簡便で安全ながんの痛みの緩和法の確立と、世界戦略のWHOの取り組みに、日本から参加したただひとりの医師でした。私の尊敬する医師のおひとりです。
がんという病気は未だ恐ろしいイメージを私たちに抱かせています。
それは、“死”と直結するイメージ。
辛い副作用を伴う治療。
そして耐えがたいがんの痛みです。
このがんの痛み、特に身体の痛みを緩和する方法がある!一緒に頑張りましょう、と患者さんたちに伝え始めたのが、この15年の私の活動のひとつでした。
たくさんの出会いのエピソードが語りつくせないほど私にもありますが、薬剤師の石田さんにも、この活動に就くようになったのには、何か大きな転機のできごとがおありですか?
がんの体の痛みを緩和してこそ、その先の課題に患者さんは取り組めるのですから、啓蒙活動はとても大切なことです。怖がらずに勇気を持って知ること!が。
石田さんたちは、とても分かりやすいがんの痛み緩和のテキストを最近お作りになりましたね。ぜひそれについてもご紹介下さいね。
私は在宅ホスピスケアで、患者さんが最期まで安らかに過ごせるように頑張っています。
ひとつの仕事が終わると、心身の力を使い果たし、山登りが終了したような気持ちになります。
最近でも看取りを終えた家族がおっしゃいました。
「見舞に来た人たちが口々に言うんです。辛かったでしょう?がんは痛かったでしょう?見ていられなかったでしょう?って。ずっと安らかだったと言っても信じてくれません。」
私たちの運動もまだまだこれからですね!どうぞ、薬剤師の立場で多いに語って下さい。
お返事をお待ちしています。
P.S 今回は初めての往復書簡なので、簡単なプロフィールを始めに付けて下さいませ。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,石田有紀さま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
cal
twitter