エッセイ

桃の時

山梨県は桃の生産が日本一と聞く。
県内の有名な産地は、春日居、山梨市、塩山、白根、新府、御坂、と多い。

味も品種も沢山ある。
私はご縁があり、春日居や塩山の桃を頂くことがこれまで多かった。
今年の春、新府の桃の花を見た。
美しかった。
初夏にこの実を食べたいと思った。

そしてこの4連休の1日に新府の共選場にたどりつくことができた。
甲府から車で40分くらい。
桃畑の奥にそれはあった。近づくと、桃称賛者たちのざわめきが聞こえてきた。

生産者の農家の方たちも何ヶ月かの成果の前に、興奮の模様。
新参者の私達がおずおずと近づくと、そこは「はねだし」と呼ぶB級品の
コーナーだった。

日焼けして元気なおじさんが言う。
「ここは、ジャム。ジュース、コンポート用だよ。もし、生食したかったら、あっちへ行ってご覧なさい」
あっちと言われても、どこも桃の山と、選別のベルトコンベアーとワクワク顔のおばさん達。

ようやく、一箱ゲットした。浅間白鳳。
駐車場は県外の車であふれていた。
頑張った農家の人たちの熱量と、美味しい取り立て桃を格安でゲットできた喜びで、共選場は、いわばフェスティバル。
いいなあ、こういう空気。
この夏は祭りも花火も中止。こういうワクワクの空気は久しぶりな気がする。
そして、帰りの車内は芳しい桃の香りで満ちた。

これは?

この桃は岡山からとどきました。清水白桃!
桃もたくさんの種類があります。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダー補足
twitter