2006年12月21日 TBSラジオ「生島ひろしのいきいき生活」



平成18年12月21日(木)の朝5:45分から、ラジオに電話で生出演しました。
出演した番組は、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」のコーナー「いきいき生活」です。
出演が早朝でしたので、5時頃からおきて、寒さでブルブルふるえながら待機していました。生島さんとのお話は次ぎのような内容でした。
2006年の年末の世相をあらわす漢字が「命」であることに深い思いをいだきました。
Q.いじめを苦にした自殺について
A.報道の仕方にも問題があると感じることもある。
「死」が唯一の困難からの逃げ道や、解決と子供が思っているのではないか。「死ねば楽になる」と。
在宅ホスピスといういのちに向かい合う仕事を通じて学んだことは、希望をもって一生懸命に生きぬいた最期のゴールが「死」である。
子供も大人もいのちの現実に触れることの少ない今の社会において、もっと本当の家族のぶつかい合いが必要。
また子供のサインに早く気づき、ひとりぼっちではないことを大人が示すことが大切です。