講演報告

開催報告 2016年7月23日 福辺流 力を引き出す介助術

2度目の「福辺流 力を引き出す介助術」セミナー。
私の学んできたホスピスケアの源流と重なるところが多い。
自立。自分で考える。介助。支援。
また学びたい。

160808_01

講義内容を少しご紹介します。

この介助では
・行為の主体は介助される人
・介助される人が動く
・介助者は介助される人が動けるよう援助する
160808_02
動きを引き出すための5つの基本
1.できること・できないことを知る
2.ていねいな介助
3.感じる
4.自然な反応を利用する
5.私たちの自然な動きをなぞる

「この人はどんな人?」アセスメント評価とは対象者に興味を持つこと
1.何がしたいの?(希望、目標、NEEDS)
対象者の真のニーズを探る、把握する。
2.何ができるの?(心身の構造・機能)
本人の身体的な能力や構造、四角、聴覚、表在感覚、深部感覚など、関節可動域、マヒ、筋肉、バランス能力、痛み、呼吸、循環、皮膚の状態、コミュニケーション、精神状態、認知能力、基本動作、移動能力などの感覚。
狭義のADL
食事、排せつ、入浴、更衣、整容、
広義のADL
薬の管理、家事、買い物、交通機関の使用、自動車の運転
3.私たちに何ができるの?(環境・・・背景/介護力/物理的環境)
家族の介護能力、家族(本人)の経済能力、家族以外のサポート能力、住環境、フォーマルな資源、インフォーマルな資源
160808_03
相手の力を引き出す介助のメリット
1.力がいらない
被介助者に動いてもらう
2.安全
被介助者の動きにあわせた介助
3.痛みがない。拒否がない
邪魔をしない。怖くない
4.機能維持が可能 意欲の維持が可能
特別な訓練は必要ない

声かけの基本
1.すべての人に
2.伝わる声掛けを
3.伝わったかどうかを確認する
4.上記1から3までをすべて終えてから、必要である場合のみ初めて相手に触れる。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (講演報告

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
8月
   1234
567891011
12131415161718
192021222324
(※)
25
262728293031 
(※) 24日:10時まで
cal
twitter