エッセイ

梅雨の終わり

CA3C0560
甲府盆地を北に抜けた町の日陰では、まだ紫陽花が咲いていた。
何十年もの樹齢?らしい。美しい存在感。
雨の少ない梅雨だったがそろそろ梅雨明け宣言。
紫陽花にはごめんね、とつぶやいた。
このお宅の床の間の掛け軸は、白雲洗心。
積乱雲の暑い夏を新たなたくましい心で迎えられそうだ。

2013年7月6日


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
cal
twitter