エッセイ

梅雨の終わり

CA3C0560
甲府盆地を北に抜けた町の日陰では、まだ紫陽花が咲いていた。
何十年もの樹齢?らしい。美しい存在感。
雨の少ない梅雨だったがそろそろ梅雨明け宣言。
紫陽花にはごめんね、とつぶやいた。
このお宅の床の間の掛け軸は、白雲洗心。
積乱雲の暑い夏を新たなたくましい心で迎えられそうだ。

2013年7月6日


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
cal
twitter