エッセイ

薔薇に寄せて

100518_01.jpg涼しい春が長かったので、例年より遅めに、そして一気に甲府盆地の庭のあちこちで薔薇が満開になった。薔薇は英国の国花であり、ダイアナ元妃はその華やかな存在感をよく薔薇にたとえられた。


ダイアナという名前のすてきな薔薇もある。
英国に住んでいた頃は近所のお庭の素晴らしい薔薇にみとれたものである。
100518_02.jpg
薔薇は英国の気候と風土に合っていたらしい。
手入れさえすれば何ヶ月も長く楽しませてくれるのよ、とイギリスの義母が庭の大輪の薔薇を大切そうにみていた日を思い出す。
それは樹齢?100年近い薔薇の木だという。
100518_03.jpg
甲府盆地はむし暑く薔薇の花を眺める時は限られてしまう。
だから、診療の合間に、あちこちの薔薇園を精力的に回った。
その一部の紹介を写真でどうぞ。
100518_04.jpg
次回はわがささやかな前庭にささやかに咲いたちいさな薔薇をご紹介いたします。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
カレンダー補足
twitter