メディア出演情報

佐藤初女さんを迎えて開校 内藤いづみホスピス学校

 十二月七日、高根町清里の萌本の村ロックを会場にして「第一回内藤いづみのホスピス学校」(内藤いづみ校長)が開校し、約百五十人が受講した。
(八ヶ岳ジャーナル 2011年12月16日号より)


 当日は、青森県で「森のイスキア」を設立し、ガイアシンフォニーでも紹介されている佐藤初女氏を講師に迎え、「佐藤初女さんのいのちの声を聴く 心をほぐす食の力」を演題にした講演が行われた。
111230_01.jpg
 内藤校長は、
「ここは学校です。十歳の自分に戻って下さい」
と会場を和ませ、食べ物の力、ガンになって初めて気付くいろんなことを学びましょうと語った。
講演で佐藤氏は、「食べる食材が命です。命を生かすように調理することで違ってきます。
食材が生かされた時に、美昧しいと感じるのです」と話しはじめ、食材を生かすために、調理で面倒な一手間を怠らないことや、現代社会で欠かせない冷蔵庫の欠点、適量の塩分の必要性などを紹介し、
「面倒くさいが、地球を汚染しています。一つひとつを丁寧にして、自分の中だけでなく、回りの人にも伝えて一緒にやっていけば、社会も変わってくる」
と語った。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (メディア出演情報

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
cal
twitter