お手紙

講演の感想 2008年6月8日 神戸

四川自信に続いて岩手宮城内陸地震が起こり、自然の力の大きさの前では人の力があまりにも小さいことを感じてしまいます。


東京秋葉原の事件に至っては、先日の先生のお話を思い起こしてしまいました。
人はいつも謙虚でなければいけないと......
本当に先生にご講演いただいてよかったと話しながら帰途につきました。
ホスピスのあり方はがん患者に限ったものではなく、私たちが生きていく上で、相手を思いやる心を持って生活していきなさいというメッセージだったと思いました。
美しいもの、やさしいものにいつも接し、感動できる柔軟な心を持っていることの大切さ等々


関連する記事

同じカテゴリの記事 (お手紙

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
10月
  12345
6789101112
13141516171819
(※)
20212223242526
2728293031  
19日:10:20まで
カレンダー補足
twitter