お手紙

M.S様 おじいちゃんを目の前にして


内藤いづみ先生へ
2月5日は心に残るすばらしい講演をありがとうございました。
私も3年前に最愛のおじいちゃんをガンで亡くしました。おじいちゃんは、家に帰りたいと言っていましたが、痛みをとるための点滴をとることができませんでした。
もうすぐ死んでしまうというおじいちゃんを目の前にして、私は笑顔でいることができませんでした。どのように話しかけたらいいのかわかりませんでした。
私は今も、おじいちゃんに笑顔で話しかけることができなかったということを後悔しています。
内藤先生は死と向きあっている人に対して、一番気を付けていることはなんですか?
私は人の心の中には、いくつかの引きだしがあると思います。
私は、相手が一番開けてほしいと思っている引きだしを開けてあげるような人になりたいです。そして、その人にとっての100%の笑顔をひきだせるような人になりたいと思っています。
内藤先生が講演の中で私達に問いかけた中に、大切な人は誰ですかというのがありました。
私は、自分にとって大切な人は誰なのか、ずっと考えてみましたが、答えがみつかりませんでした。
でも、私の命のフィナーレがくる前に、大切な人を見つけ、その人に自分のすべてを委ねることができたらいいなと思います。
講演、本当にありがとうございました。
PS サイン、ありがとうございました!!
東桂中学校3年 M.S.


関連する記事

同じカテゴリの記事 (お手紙

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
cal
twitter