往復書簡

レイチェル・カーソンについてお話を

私の古い友人で編集者である川村まさみ様との往復書簡、第一回目の往路です。


いづみ先生
東京はこの冬初めての大雪です。雪が降ると、やっぱりワクワクします。身辺を温かくして、飲み物食べ物を手の届くところに置いて、読んだり書いたりすることに時間を忘れる。昼間からこれが楽しめるのは、こうして雪に降り込められていてこそです。
080219_001.jpgいづみ先生から、レイチェル・カーソン 注)についてお話しませんかとお誘いを受けて、六年前に編集に携わった大部の本、『レイチェル レイチェル・カーソン「沈黙の春」の生涯』を少し読み返していました。思えば、この本を仕上げたあと仕事の変わった私がそのことをお知らせしたら、イギリスに向かう機中で読みたいとおっしゃってくださって、出来たてのような本をお送りしたのでしたね。
二百人以上への取材をもとに書かれた八百ページ近いこの翻訳書は、でもレイチェルの息遣いさえ感じられるほどの筆遣いで、胸の震えるような感動を覚える本でした。その感動を、すっかりここでお伝えすることは無理ですが、彼女の伝記の決定版に編集者としてとことん付き合った経験から、お話できることがあるかもしれません。
 先生、覚えていらっしゃいますか。レイチェルは晩年、みずから「病気のカタログ」と嘆くほど、いろんな病気に苦しみました。やはり一番つらかったのはがんでした。原書にも、はっきりbreast cancerとは書かれていませんでしたが、原発はおそらく乳がんでした。そのことだけで、レイチェルが同じ女性としてとても身近に感じられると言ったら、レイチェルはなんと言うでしょうか。写真からも分かるようにレイチェルは楚々として美しく、大人になってからはお洒落にも気を配る女性らしい女性だったのですから、なにも乳がんまで持ち出さなくても十分同じ女性よ!って気を悪くされるでしょうか。
でもやっぱり、レイチェル・カーソンは偉大なのです。一九六二年に『沈黙の春』で農薬、ことに殺虫剤の害を告発し、環境問題にいち早く警鐘を鳴らしたその勇気は、私たちを奮い立たせてくれます。だからこそ女性に崇拝者が多いのですが、そうして崇拝してしまうと、普通の人間としての弱さに触れることが怖くなるようで、この本も賢く強く美しいレイチェルばかりでなく、十分に弱い一人の人間を見事に描いているせいか、読む人によっては拒否反応もあると聞きます。私も、もっと若いときに読むことになっていたら、受け入れがたいものを感じたかもしれません。とはいえそれは、決してセンセーショナルなものではなく、ごく普通の人間として、「書く」という作業の重圧や、家族の世話や、金銭的な心配や、人間関係に悩む、あたりまえの姿なのです。やがて、生身の人間として女性として乳がんにも罹るのです。
しかし、その果てに、病と闘いながらも『沈黙の春』を著し、それに続く称賛と非難、両方の嵐に耐え、産業界からの攻撃に立ち向かい、ケネディ大統領時代の上院で証言をやりとげる、強い強いレイチェルがいます。でも、公の場では冷静に振舞いながらも、その場を離れれば放射線治療の副作用で強烈な吐き気に苦しむレイチェルがいました。やがては講演会の演壇でも車椅子を余儀なくされるレイチェルでした。
幼いときから「作家になる」と固く心に決める意志と才能をもちあわせたレイチェルでしたが、一足飛びにこれほど強靭な精神力を得たわけではないと思います。自分の才能を開花させながら家族を支えることに追われ、独身を通した彼女は、家族からの愛情や友情を人一倍必要とした女性でした。では、何が彼女を強くしたのでしょうか。最後まで友人からの愛情が支えではありましたが、自分のなかから湧いてくるものとしては、やはり自然の美しさをかけがえのないものと思う気持ちだったと思います。病を得て自分のいのちの先をみつめるようになって、それは驚くべき強さをレイチェルに与えたのです。とはいえ、体調の悪いときの、なんと切なく心細かったことでしょう。
みなさん感じていらっしゃるはずですが、環境問題って、“地球を救おう!”なんていう傲慢な言葉で語られるものではなくて、自分のいのちを謙虚に振り返ったときに、おのずと身の処し方を考えるようになる、それが出発点だと思うのです。だから、いのちのことも、環境のことも、声高にではなくて、その切なく心細い声で語ってこそ、本当に人に伝わるのかもしれません。『沈黙の春』は、病のなかで書かれたからこそ、人に伝わり、人を動かす力を持ったのかもしれないと、いま思います。
いづみ先生、先生は日々こうした切ない場面に立ち会っていらっしゃいます。
先生のレイチェルへの思いを、お聞かせください。
リファレンス
レイチェル レイチェル・カーソン 「沈黙の春」の生涯(東京書籍)

注) レイチェル・L・カーソン(1907-1964アメリカ)
生物学者としての目と、作家としての豊かな感性が、環境問題を世の中に問うた不朽の名作、「沈黙の春」を生んだ。

関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,川村まさみさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
cal
twitter