講演告知

開催報告 2007年6月22日岡山


070713_001.jpg
6月22日の岡山市での緩和医療学会に参加。パネルディスカッションではJPAP(Japan Partner Against Pain)の会の活動を背景に意見を交換しました。一番大切なことは人とのつながりです。苦しむ人のために役立つために、医療者は初心にかえり、いっそうの努力をしていただきたいと思っています。
070713_002.jpg
学会は多数の看護師の参加により熱気にあふれていました。翌日は姫路に途中下車して、姫路の看護師さんたちにエールを送ってきました。
以下、感想を頂きました。
内藤いづみ先生へ
心暖まる、貴重な講演をきかせていただきありがとうございました。
先生のお話を聞かせていただいたのは、これで2回目です。人間として、尊重された死の迎え方、人生の一番大切な終焉というものを考えさせられます。
かかわられた心打たれる患者様のお話、人間対人間として、真剣にそして明るく接しておられる姿を見て本当に感動し涙がでました。
070713.jpg
自分もいずれは死を迎えるという心の準備と覚悟のもとで、生きていかねばなりません。いつ、不治の病を宣告されるかわかりません。そのときに耐えられ、打ち勝つことができるように強い心を持っていたいと思うのですが、軟弱な自分にはなかなか無理のように思います。
しかし先生のお話の中で「死を迎える5つの課題」ということや、前のご講演の中で幸せになるための10か条を、そして毎日ひとつジョークを見つけて話しましょう、そしてユーモアをもって常に笑いを、ということをお聞きしました。本当に大切なことだと感激しました。次の機会にもまた、人生を生きていく上で、こころの準備としてお聞かせいただくことがあれば幸いと感じております。
(看護師さんより)


関連する記事

同じカテゴリの記事 (講演告知

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
cal
twitter