エッセイ

春は進んでます

春はどんどん夏に向かっています。タンポポの種も飛ばされる直前です。

50年ほど前、当時は癌の告知がなかったので、世界で初めて死にゆく人に向かい合い、真実の話を始めた女医 エリザベス キュブラー ロス。
彼女は言いました。患者さんはあなたの先生です~彼らに聞いてごらんなさい。

今、何が苦しいのか?
どんな気持ちなのか?
彼らは喜んで話してくれるでしょう、と。

たんぽぽ
ロスは小さな子供たちにもいのちの話をしました。
私たちはタンポポの種のように生まれてくる。
風に飛ばされて色々なところに着地して芽を出す。
そしてそれぞれの環境で人生を歩んでいくんだよ~ と。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カレンダー補足
twitter