今日のつぶやき 8月10日

この夏は何かと忙しくなかなか涼しいところへ行って休めません。
外来に熱中症の方も多いです。
この4ヶ月ほど50代のがんの男性のケアに私もナース達も力を注ぎました。
痛みを緩和しいのちの声に耳をすまし、いのちによりそうケアは体力がいります。


まだ黒々とした髪の方がこの世に別れを告げ亡くなるのは試練です。
薬のみに頼らず、いのちの本来の流れをじっと待つ力がいります。
子育てに似ていると感じることもあります。
彼はきのう夜中に安らかに天国へ旅立ちました。
けさは朝5時に携帯電話が鳴りました。
90才の胃ガンの女性の大往生でした。
がんがあっても4年近く家族に守られて元気にマイペースでお過ごしになりました。
亡くなる前の日におすしをペロリとたいらげたそうです。
半日ほど寝込んだだけでした。
濃密ないのちの看取りが続きました。
内藤いづみ