メディア出演情報

「自宅で看取る」ためには 終末期医療のあり方考えるシンポジウム

琉球朝日放送ニュースより
130920_02
がんや慢性疾患の患者の終末期医療のあり方について、自宅で看取ることに視点を置いた講演会が、16日、浦添市内で開かれました。

山梨県でホスピスケアのクリニックを開業する内藤いづみ医師は自宅での看取りのためには患者本人の意思と家族の決定、医師や看護師などの支えと病院との連携が重要だと説明しました。

内藤医師は「命にしっかり皆で寄り添って、ぎゅっと抱きしめて送るという、そういう人の温かみや心に寄り添うってことをしない限り、見放した医療になるという可能性はあると思うんですよ」と語りました。

シンポジウムでは訪問看護の現場や老人施設スタッフ、また自宅での看取りを経験した遺族らが人生の最期をどこでどうやって過ごすかが、今後の高齢化社会ではより重要になってくると指摘しました。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (メディア出演情報

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
cal
twitter