講演報告

開催報告 2013年4月21日 甲府桜座

久しぶりに永さんを甲府にお迎えした。異色の四人のコラボ。
場所は桜座。四人ともいささか緊張してこの日を迎えた。
永さんは土の上に設けられた桜座の舞台が大好きだ。
桜座は甲府のかつての賑わいの中心地。
永さんを尊敬する舞踏家田中みんさんとお仲間は、白州から新芽を出す木々を運び込んで舞台を作ってくださった。
満員御礼の方々が一期一会の午後を共に過ごした。北海道の友人も二名参加。
郡上八幡からも。東京からも駆けつけてくださった皆様ありがとうございました。
生きる、いのち、病気、死ぬこと、話題は縦横無尽に広がり、渋谷ピアニストの軽快な音楽が場をつなげた。
永さんは疲れを見せず、二時間をリードした。ここのところ、怪我や病気で大変だった永さんが、久しぶりに楽しそうに幸せそうに舞台を乗り切り、私達も幸せな気持ちになった。
生きるって幸せなことだ。
内藤いづみ
_DSC7192 _DSC7208 _DSC7229

_DSC7233 _DSC7129 _DSC7141

_DSC7151 _DSC7162 _DSC7188

_DSC7239 _DSC7242 _DSC7244

P1030580 P1030583 P1030590

P1030597

○参加者の感想○
森のいのちと、芸術家のいのちが花開き…不思議な緊張と美しさがありました。
その中を、先生が天真爛漫かつ冷静…という不思議な存在感で舞台で躍動していました。
本物の人たち、本物の大人って、懐深く思いやり深く…自分らしく生きていて美しいなー、と、舞台の裏表全部満喫しました。

今回、東京から初めて桜座に伺ったのでその空間にまず圧倒されました。永先生のお元気な姿を間近くで拝見できたこと、内藤先生のユーモアを交 えながらのお話、田中みんさんの佇まい。今までにない、緊張感もあり、2時間があっという間にすぎました。甲府の方たちが、とても羨ましくなりました。とても貴重な経験をさせて頂きました。本当にありがとうございました。

楽しいひと時をありがとうございました。素晴らしい時間でした。心の奥底まですっきり洗われたような気分で帰ってまりました。
医療費を抑えるためでしょうが、在宅で臨終を迎えるようになってきて、先生の存在はますます大きくなっております。ご活躍の場が広がりますと、先生のご健康が案じられますが、どうかご無理をなさいませんように。本当に素敵な時間を有難うございました。

永さん、すごかった。
病気をされても、ユーモアたっぷりで、笑いながらもいたく感動いたしました。
みんさん、さすが、芸術家だ。
周りの空気が全然ちがいましたね。
笑顔はやさしいけど、ふっと研ぎすまされた目をされて、なんか、狂気を感じるわ。
妖しい魅力たっぷり。
警察官のお父さんに連れていかれて 死体をみせられた…って話、すごい。
きっと、彼のストイックな生き方は、その辺が原点なのか…

なかなかお話を聞ける機会がなかったので みんさんの熱狂的なファンがいるのも、わかる気がいたしました。

麟太郎さんをはじめ、内藤先生とは、まったく接点がなさそうな みんさん、渋谷さんといった方々と、物おじせずふんわりと 『いのち』の話をする先生、たいしたもんだ。

『いきる』ことと『死』は万人が通る道だから、相手が誰であってもひとつのテーマになるんですね。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (講演報告

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
cal
twitter