メディア出演情報

「いのち」の話がしたい@Books on Health


healthist01.jpg
healthist02.JPG
 著者は甲府市でもう20年近く在宅ホスピス医を続けている女医さん。まさに孤軍奮闘というか、私はいつもハラハラしながら声援を送っています。まさに患者さんのために重労働の毎日です。
 本書は、その内藤医師と、日本を代表するオピニオンリーダー・曽野綾子、中村桂子、柳田邦男の三氏との対談集。
 帯には、看取りとは、いのちのつながりについて「自分らしく」ということ、とあります。
 三氏はそれぞれ分野は違いますが、いのちのメッセージを発信し続けている人。

第一章 豊かな人生の最終章
   (柳田邦男氏との対談)
第二章 生きる力、生かす力
   (中村桂子氏との対談)
第三章 自分を失わずに生きる
   (曽野綾子氏との対談)
 在宅でケアを受けられる方は、最後の時、「ありがとう」という言葉がいいやすい、という内藤医師の一言が心に残りました。
ヘルシスト186 Vol.31/No.5より抜粋


関連する記事

同じカテゴリの記事 (メディア出演情報

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カレンダー補足
twitter