エッセイ

かき氷


「そろそろ、私が家に伺いましょうか?」
と切り出したのが、約1ヶ月前のこと。
Yさんは、本人も家族もとても穏やかで控え目な方々で、もう9ヶ月近く私の外来へ通って来て親しくなっているのにも関わらず、
「ぜひ、在宅ケアをお願いします!」
とはっきりと強い意志表示で、私に迫ってはこなかった。
ただ、ホスピスケアの専門家の私から見て、Yさんの病気の進行と体力は、外来へ通って来る限界に近づいていた。
「出来れば家に居たいです。病気になったことは仕方がないと思っています。往生しています。何処か旅に出るような気持ちです。」
84歳のYさんの言葉は、静かな決意を私たちに伝えていた。
「先生、遠いけれど大丈夫ですか?」
「Yさんの町は、私のふるさとへ行く途中なので、道に慣れているから大丈夫。
Yさんのご家族をずっと外来で見てきましたけれど、きっと在宅ケが出来ると思いますよ。」
地元の訪問看護師さんたちも一生懸命関わってくれて、在宅ケアが始まった。
「苦しくないですか?大丈夫ですか?」
と電話すると、
「はい、何とか。」
と答えるYさんの声の裏で、小学生の孫の弾くピアノが響いていた。
猛暑が続いて、往診車の外は暑さでゆらゆらと陽炎が立った。県道を甲府から南下していく。
笛吹川を渡る桃源橋は、この10年で整備され広くなった。橋から見える八ヶ岳は裾野広く雄大で、私の好きな景色のひとつだ。
お盆になり、Yさんの家族も休みになった。孫たちも次々と会いに来た。
「先生、近所の氷屋さんのかき氷です。」
なつかしい味のいちごのかき氷を、サクサクと皆で食べた。ご主人が静かに
「もう、そんなに妻は長くないですね。」
とつぶやいた。
「家に居れて良かった。」
と娘さんもつぶやいた。
息子さんも頷いた。
サクサクと音が続いた。
せみが鳴き、誰もが遠い夏を思い出した。
2日後、Yさんは静かに旅立った。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
カレンダー補足
twitter