いのちの歳時記を読んで

いのちの歳時記を今こうして手にできるご縁としあわせをかみしめています。
とてもすてきなご本ですね。
大きさもとてもかわいらしくて。
手にとって、美川さんの大好きな美瑛の写真たちと共に、いづみ先生の紡がれたいのちの言葉をページをゆっくり、ゆっくりめくって、大切に読みました。


天国に旅立った義弟のこと、思い出されます。
そして同時にこのご本の中のお一人お一人に対して心からありがとうを言いたくなりました。
亡くなった方々にこれから出会うことはできませんが、それぞれの人生を終えられた方々からの大切な貴重なメッセージを今こうして聴かせ出会わせて頂け、あらためて私の限りある人生を家族や友人やまわりの人たちを大切にして、丁寧に生きていきたいとしみじみ思っています。
40代女性