あやめの時へ

春になると、花暦はどんどん進む。
近所の肉屋さんはお花作りがお上手。四季色とりどりのお花を咲かせている。


お庭にこのあやめの群生を見つけた。
もう20年近い付き合いだし、気さくなご夫婦だからと、私もつい図々しく、
あやめ少しください!
などとねだってしまった。
こころよくくださったこの晴れやかな立ち姿。

世の中はゴールデンウィーク。うちにも子どもたちがぼつぼつ帰省してくる。
夫婦2人だと質素になりがちな食卓に旬の食材が並ぶ。
子どもたちのためのメニュー。
いただいた筍。新玉ねぎの葉とホタルいかのぬた。深谷ねぎと鶏肉の煮付け。
たらの芽の天ぷら。小かぶのぬかみそ。しじみの味噌汁。
今朝は深山の溪流で釣ってきた美しい山女魚も届いた。
アクを取ったり、刻んだり、茹でたり。焼いたり。料理で生気が蘇る。
お福わけにも感謝して初夏の日差しを浴びた嬉しい休日。