春の息吹き

日本の春は忙しい。人間も動物も植物も。寒くなったり、暖かくなったり。


受験の移動、就職の発表、引っ越し、別れ、再会、門出。
涙と笑顔が交錯する季節。
気がついたら、自分の巣の中から子どもたちが飛び立って、呆然とする親たちが続出する季節。
諸行無常。何事も留まらない。すべてが刻一刻と変わっていく。
同じものはない、とお釈迦様もおっしゃいます。
そうだなあ、とは思うけれど。親たちの心は切ない。
クリニックの軒先の鉢植えの桃の花も咲き始めている。
この怒涛の時を楽しまましょう!日本中の親たちよ!