エッセイ

盛夏

CA3C0576

前倒しに?
暑い今年の夏。
知人がレジャー先の石垣島から完熟パイナップルを送ってくれた。
天塩にかけて育てられたパイナップルは滋養にあふれ、優しく美味しい。
近所にもお福わけして喜んでもらった。
色付きが進まない今年の甲州の桃。
地元ならではで、贅沢にいただいている。
昨晩、地域医療を頑張る友人の医者が送ってくれたDVDをゆっくり観た。
女性監督らしさが細部に光る。
タイトルはディア ドクター。
医療過疎の農村で、素朴に命に寄り添う医者を鶴瓶が好演している。
余貴美子の看護師役もリアルで違和感がない。
結局、この医者はにせ医者だったのだが、命に寄り添う本物の医者は なかなかいないというパラドックスが胸を揺らせる。
私をディア ドクターと呼んでくれる患者さんは何人いるだろうか、つまり、私は命に寄り添えているだろうかと自分に問いかけた。
そして、昨日そのひとりが外来にいらした。
車椅子生活。
難病にも負けずギリギリまでひとり暮らしを続けた方。
自分の生き方を押し通す我がまま?
と言いたくなるほどの自立心。
私をひと月ぶりにみて、最高に嬉しそうな笑顔を見せてくださった。
私は彼女のディア ドクターになれるかもしれないと思った。

2013年7月24日


関連する記事

同じカテゴリの記事 (エッセイ

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
8月
   1234
567891011
12131415161718
192021222324
(※)
25
262728293031 
(※) 24日:10時まで
cal
twitter