書店の本棚

忙しかったので、久しぶりに甲府で一番大きな書店ジュンク堂へ行きました。
ここは何万冊かの本が集まっている、本好きには心のオアシスです。


日本では毎日大量の本が出版され、本屋に一冊のスペースを確保するのも熾烈な戦いと聞きます。
それが!死生学のコーナーに、こんなに私の本のスペースを取ってくださっていました。
自分の本は恥ずかしさもあり、普段は陳列棚へ行かないのですが、先日コーナーを発見してびっくりしました。
ありがたく、感謝の気持ちが湧き出ました。感謝して何冊か買いました(笑)
ここに並ぶ、新刊出したいと、密かに強く思いました。
20年前には本屋の隅の隅のインディアンの預言書の隣?とかの辺境にひっそりと置かれていましたもん。感慨ひとしおです。
長年続けて来れたのもみなさんの応援と家族の理解のおかげです。
感謝です。
内藤いづみ