今日のつぶやき

今日のつぶやき 2009年4月28日

4月28日午後、「しあわせの13粒」原画展でのお話会。神戸南天荘画廊にて。やさしさを両手にかかえてたくさんの人が集まって下さいました。


その前日は大阪での里みちこさんの
「手のぬくもりと紙のやさしさ展」におじゃましました。
詩語りもたっぷりと。
21世紀はやさしさと人のぬくもりでたくましくのりこえていくしかない、と感じた2日間でした。
この絵本にまつわり、地方紙のコラムに私のことが触れられています。
4月30日付け 山梨日々新聞「風林火山」より中略抜粋
「誰かをケアする時には限界になるまで頑張らないで。自分にご褒美を与えながら、常に相談できる相手をつくってほしい。」甲府・ふじ内科クリニック院長の内藤いづみさんは講演でこう訴える。まじめな人ほど介護を一身に背負い込み、社会とのかかわりを失っていくという。高齢社会が加速する中で、介護する側のケアも重要だ。弱音をはかず献身的に世話を続けた清水由貴子さんの死。「頑張りすぎ」が招いた悲劇だとしたら悲しすぎる。


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

同じカテゴリの記事 (今日のつぶやき

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
カレンダー補足
twitter