往復書簡

井上ウィマラ・内藤いづみ往復書簡Vol.4(復)

井上ウィマラさまとの往復書簡、早くも4往復完了の回。スピリチュアル・ケアについての話が深まっていきます。


学生指導でお忙しい中、書簡ありがとうございました。私がかかわった在宅ホスピスケアの最終章では、本人も家族も私たち医療者も、力をだしつくし、大きな山登りを達成したような充実感を覚えることがあります。もちろん、永遠の別れの悲しみにふちどられたものではありますが。どんなに手をつくし、心をつくしてもみとった家族の心にはやがて後悔の芽が出てきます。「ああすれば、お母さんはもっと延命したのでは?本人は満足だったのか?」「病院の方がよかったのかもしれない」などと。そんな時、軽い生活習慣病などで私の外来患者に遺族がなってくださっていると、外来でそっとお話をうかがうこともできます。私たちは共にいのちに向かい合った仲間ですから、後悔や罪悪感についていっしょに考えることができます。井上さんのおっしゃるように、それもスピリチュアル・ケアのひとつだったのですね。
 日本は、初七日、49日、一周忌と親しい人が集まり個人の思い出を語り合うのによいしきたりがあります。若い時はそんなしきたりが、型にはまってめんどうくさく感じたものですが、日本の精神文化に裏打ちされたスピリチュアルケアだったと今は思えます。仏教式の多いこのしきたりをになうお坊さん達は、時代の変化にそって宗教的なマニュアルをこえてもっと生病老死になやむ人の心によりそう努力と学びが必要かと門外漢ながら思います。若いお坊さん達の間の新しいうごきはもちろん目にしています。
 スピリチュアリティについて、今回の書簡シリーズでは色々と教えていただきました。この場でのやりとりも終わりに近づいてきました。ぜひ、この半年にかかわっていただいた症例について、患者さんのプライバシーに配慮しながら具体的なスピリチュアルケアの様子を教えてくださいませんか?
患者さんは60代の女性。がんの発見時1年未満の余命が告げられました。真実を共有する意識のもと、御主人と御本人はどんなにつらい告知も説明も2人でうけとめました。はじめの頃は治療をうけるのにしても、最終的には、私の在宅ホスピスケアを受けたいと決心して御相談にいらっしゃいました。私はアドバイザーのような役目もひきうけました。若い頃から事業にのり出し、精力的に働いて成功してきた御主人のそれを支え、子育てをとりしきってきた奥さん。おふたりには共通に演劇の趣味と才能があり、やっとふたりでそれに取り組もうとしていた矢先の発病だったそうです。個性と知性のぶつかり合うカップルでした。御主人のことは私も存知あげていましたので、奥さんの身体、心の痛みには全力で取り組むことは私の方で、できるにしても、このふたりの魂の叫びにじっくりと向かい合って下さる人材が必要だと感じました。
井上さんは高野山大学のスピリチュアルケア科の先生です。もちろん、スピリチュアルケアは宗教者以外でもできることだと知ってはいますが、現状ではスピリチュアリティ(魂)の学びは宗教的学びに重なっています。宗教者がするというイメージが大きいです。おまけに、還俗したとはいえ、井上さんは頭を丸めていらして、落ち着いているそのみかけはお坊さんですし(失礼!)
「無宗教」であると公言する人が多い日本人には、病人のそばにお坊さんが近づくことに抵抗感を持つ人も多いことを知って下さいね。
 お坊さんイコールお葬式イコール死イコール不吉と考えてしまう庶民も多いのです。それは日本の仏教のひとつの歴史的現実なのかもしれません。生意気な表現はぜひお許し下さい。
10年前に友人のお坊さんを死の恐怖に苦しむ患者さんのスピリチュアルケアに紹介しようとしたら“宗教の勧誘か?”とその人がおこり出し、転医してしまった患者さんもいたのです。
 しかし、このおふたりには井上さんの知性と学びと実践をうけとめる力がおありだと判断し、私はご紹介したのです。ふり返ってみて本当に助かりました。数々の危機を2人はのりこえ、よりそい続けた御主人は、奥さんのいのちをむこう岸へ無事に送り届けました。おそらく、あまり負けを知らず生きてきたその方が、おだやかな日々のくらしにおりこまれたいのちの最期の日々をみつめて下さいました。安らかに息を引きとった奥さんのお顔をみながら「先生、死は敗北ではないね。くらしの中にある普通のことだね」とおっしゃいました。それをきいて私は本当にうれしかったです。半年の小康状態から亡る直前までのスピリチュアルケアの一部を教えて下さい。そしてこれは次回のお願いでもあるのですが、井上さんの学んできたヴィパッサナーの瞑想法を私たち現代人ができるのか?ぜひそのエッセンスを少しだけ教えて下さい。「今を生きる」というその秘けつをうかがいたいのです。
内藤いづみ
<<関連記事>>


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,井上ウィマラさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
cal
twitter