往復書簡

井上ウィマラ・内藤いづみ往復書簡Vol.1(復)


育児とグリーフケア
ウィマラさんと書簡をやりとりすることになり、とても嬉しく思っています。確か数年前に、ある出版社の編集者が
「山梨にこんなおもしろい?活動をしている人物がいますよ。」
と言って、ウィマラさんの本を紹介してくれたのが始まりです。
 その本は“瞑想”に関するもので、正直言って少し難しくて、本好きの私が読み通せませんでした。やや専門的な本でしたね。しかし、とても大切なことに触れている本でした。
 増穂町という、私のふるさと(旧 六郷町)の隣町出身であること。私の子供たちが通っている山梨県立甲府第一高校出身であることから、ウィマラさんに親近感を持ちました。“ウィマラ”という不思議な名前については、次回、由来などを教えて下さい。
 070717_001.jpg私は20年近く“ホスピスケア”についての社会的発言をするのと同時に、在宅でがん患者さんが最期まで過ごすお手伝いをしてきました。ホスピスという言葉も広く知られるようになりました。今や国が、全面的に在宅ホスピスケアを推進する方針を採って(これにはいくつかの現実的な理由もあります)些か大きな顔が出来ますが、甲府で15年前に「ホスピス」を口に出した時の医師たちの反応ときたら、“変人、奇人”を見る目つきでした。先輩の女医さんからは、
「内藤さん、それは医者の仕事ではないよ。絶望で崖に佇む人を、勢いをつけて突き落とすような行為だ。」
とまで言われました。当時内科では、がん告知が多くない時代でした。今や告知が大原則となり、何と世の中は変わったのでしょうか―。
 今回のテーマ「悲しむ力と育む力」はとてもいいですね。看取りという、いのちの最期を支える仕事をしている私たちにとって、いのちの最初も同時にとても大切なことに感じています。
誕生も死も、点のように突然起きる出来事ではなく、ゆっくりと時間をかけて経過するいのちの営みのひとつの結果であるからです。誕生はその後の育児へ、死はその後、残された者への悲しみ(グリーフケア)へ繋がっていきます。
死(看取り)だけが豊かに成り立っている社会は在り得ない。看取りと共に、誕生といのちを育む力も一緒に豊かでなければ、いのちは輝かないと思うこの頃です。
 がんになり、自分の限られたいのちを切実に感じながら生きていくこと。死を想う(メメント・モリ)ことの少ない現代日本を眺めてみると、がんと共に生きていくことは大きな試練です。
しかし、私の出会った患者さん方のお顔は、日ごとにその輪郭をくっきりとさせ、凛々しく、そして力まず、自然なやわらかな表情になっていきました。恐れを乗り越えていく力を私たちや家族の皆が教わりました。
ホスピスケアは、病気だけでなく、病人、そしてその人の人生に向かい合うケア。だからこそそこには当然、人生にとって重要な家族の存在が浮き彫りになるのですね。
 
 私的なことを申し上げると、私の父は私が16歳の冬のある晩、夕飯を食べながら脳卒中で倒れ、明け方には帰らぬ人となりました。それは突然死と呼んでいいほどあっけない最期でした。
今思い出そうとしても、その後のお葬式のことなど、私の記憶からは抜け落ちています。それほどの大きなショックでした。3ヶ月程は悲しむことも出来ませんでした。
 その頃は一瞬、日常生活の中に父の影を見た気さえしました。100日が過ぎた頃、悲しみが襲ってきました。毎晩ふとんの中で号泣しました。私と弟を育てるために、必死で働く母にそのことは言えませんでした。
もしその時、それを話せる専門家が傍にいてくれたら・・・と思ったりします。だから、決して比べることは出来ないけれど、人生の課題(ウィマラさんは5つの課題とおっしゃってますね)をやり遂げて、家族との絆を取り戻せる時間があるがん患者さん方は、父のような突然死と比べてお幸せだなと思うこともあるのです。
 
 さて、「スピリチュアルケア」とは何ですか?
「ファシリテート」「チャプレン」って何?という質問が、若い方から届いています。英語が堪能なウィマラさんですが、この書簡の読者は10歳から92歳まで・・・ということをお忘れなく、お答え下さい。


関連する記事

同じカテゴリの記事 (往復書簡,井上ウィマラさま

他の記事

クリニックのご案内
みなさまからのお手紙
ふじ内科クリニック診断カレンダー
7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダー補足
twitter